お家で本格的なシミや美白ケアするなら、
THE☆肌の漂白剤「ハイドロキノン」が配合された化粧品でのケアがおすすめです。
(いつ聞いてもスゴいキャッチフレーズ)

当サイトでは『ハイドロキノンクリーム』のおすすめをランキング形式で紹介していくのですが、他のサイトとは違い、濃度で分けたランキングを公開しています(*´ω`*)

薄い濃度のハイドロキノンクリームと、濃度が濃いハイドロキノンクリームをごっちゃにしたランキングのサイトをよく見かけませんか?
でもあれって何を基準につけた順位なのか意味わかりませんよね(; ・`ω・´)笑
(『そのランキングの根拠なに?』っていつも思います)

ということで!
ハイドロキノンクリームのランキングに行く前に、まずは濃度別にわけたクリームのポイントをまとめてみました!

ハイドロキノンクリームの濃度を選ぶポイント

それでは、濃度別にハイドロキノンクリームのポイントを見ていきましょう。

ランキングは「1~2%」と「3~5%」のそれぞれの濃度でわけています。
ハイドロキノンクリームは配合濃度によってメリット・デメリットが異なるので、自分の肌はどちらを使うべきかをチェックしておくことが大切です。

ハイドロキノンの濃度が1~2%

ハイドロキノンは扱いが難しい、という知識を持った方も多いのでは?

濃度が1~2%のハイドロキノン化粧品は、濃度が濃いものに比べて刺激が少ないので安全性が高く、ピンポイントの顔シミだけでなく顔全体や体など広範囲で使用することが出来ます。
即効性よりも安全さを重視する人や、使い方に不安がある人や普段の化粧品と近い感覚で使いたい人におすすめです。

>>1~2%のランキングはこちら

ハイドロキノンの濃度が3~5%

市販品のハイドロキノン化粧品の上限の濃度です。広範囲ではなくピンポイントで使うタイプになります。

即効性は高いですが1~2%のクリームに比べて刺激が強いので、肌が弱い人の場合はピリピリしたり赤みが出たりすることも。
効果の高さを重視する人には断然こちらのハイドロキノンクリームがおすすめです。

失敗しないポイント

効果重視だけど肌が敏感肌な方は、
濃度1~2%からスタートして問題なければ3~5%に移行していくといいです。

>>3~5%のランキングはこちら

濃度別で選べるハイドロキノンクリームランキング!

それでは濃度別でハイドロキノンクリームをランキングで見ていきましょう!
価格・メーカーの信頼度・口コミ評価・ハイドロキノンの配合率を選定基準選にして選ばれたおすすめのハイドロキノンクリームのランキングです。
ランキングは、ハイドロキノンの配合率(濃度)が「1~2%」と「3~5%」の2つに分かれていますので、上記の「濃度別!ハイドロキノン選びのポイント」で解説させていただいた各濃度ごとのメリット・デメリットを考慮して、お好きな濃度のランキングからハイドロキノンクリームをチェックしてくださいね|q’v`∞)

ハイドロキノンクリームランキング!1~2%配合部門

ユークロマプラスクリーム

ユークロマプラス

どんなハイドロキノンクリーム?

  • ハイドロキノン2%配合
  • トレチノイン 0.025%配合
  • モメタゾンフランカルボン酸エステル 0.1%配合
    (炎症などを抑える成分)

ハイドロキノンの配合率が2%なので通常のユークロマクリームよりも肌への負担が少なくなっていますが、0.025%のトレチノインも一緒に配合されているので、美白効果は高めです。
肌への負担を少なめに、だけど効果はしっかり欲しい!という方におすすめです。ハイドロキノンクリームビギナーさんにも◎

メーカー Yash Pharma社
内容量 20mg
ハイドロキノンの配合率 2%
トレチノインとのセット なし
価格 1本…¥1,141円
2本…¥1,803円
3本…¥2,466円
口コミ評価

編集部コメント

肌老化にも効果があり、肌荒れもケアしてくれます。
シミの原因メラノサイトを減らしてくれるので効率良く美白ケア出来るのが嬉しいポイント◎

購入はこちら

スキンフェイドクリーム2%

どんなハイドロキノンクリーム?

  • 1本50g・純ハイドロキノン2%配合
  • ビタミンE、パンテノール、紫外線吸収剤・紫外線カット剤配合
  • 世界22か国年間100万個出荷の米国モンタニ社のベストセラー商品

ハイドロキノンクリームは安定ハイドロキノン(純ハイドロキノンと他成分の複合成分)が一般的です。
しかしデルミサスキンフェイドクリームは安定ハイドロキノンを使わず「純ハイドロキノン」だけを使った安全性と効果が高いクリーム。

メーカー デルミサ
内容量 50mg
ハイドロキノンの配合率  2%
トレチノインとのセット なし
価格 2,680円
口コミ評価

編集部コメント

純ハイドロキノンが2%という高配合がされているのはこのクリームだけです!(レア)

購入はこちら

コスメライトクリーム



どんなハイドロキノンクリーム?

  • 1本20g・ハイドロキノン2%配合
  • トレチノイン0.025%配合
  • モメタゾン0.1%配合(炎症を抑える)

コスメライトクリームは、肌に対してメラニン色素の沈着を抑えて美白効果があるハイドロキノンだけでなく、シミ、しわ、くすみに有効なトレチノインが主成分になっている美白クリームです。

メーカー アドコック・イングラム
内容量 20mg
ハイドロキノンの配合率 2%
トレチノインとのセット セットはなし。
本体にトレチノイン配合
価格 1箱…3,024円
3箱…4,074円
5箱…5,020円
口コミ評価

編集部コメント

トレチノインも一緒に配合されているので効率よく美白ケア出来ます。トレチノインの配合率は低めの0.025%なので肌が弱い人でも負担が少ないです。

購入はこちら

ハイドロキノンクリームランキング!3~5%配合部門

BIHAKUEN ハイドロキノン4%

どんなハイドロキノンクリーム?

  • 1本20g・ハイドロキノン4%配合
  • ほとんどの人が1~3ヶ月で効果を実感
  • リピーターが多い定番人気のブランド

過度の色素沈着やシミなどの色素沈着を緩和し、シミ発生の予防、黒皮症・斑点・そばかすを薄くしてくれます。
効果が高いのでリピーターが多く、人気のハイドロキノンクリームです。

メーカー Clein Anderson
内容量 20mg
ハイドロキノンの配合率 4%
トレチノインとのセット ◎あり
価格 1本…2,530円
2本+1本無料…5,060円
口コミ評価

編集部コメント

トレチノインクリームやナイトクリームなどのセットが充実しているので、肌質や目的で組み合わせると美白の相乗効果がかなりUPします。
効率よく美白×美肌ケアしたい人におすすめです。かなり人気のブランドなので夏~秋は売り切れて入荷待ちになることも多いので注意。

購入はこちら

プラスナノHQ

どんなハイドロキノンクリーム?

  • 1本5g(約1か月分)・ハイドロキノン4%配合
  • 肌のキメを整えるレスベラトロール、アスタキサンチン配合
  • ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEも入った美容ケアクリーム

ハイドロキノン4%配合なので、初めて使用する場合はパッチテストが必須。開封して1か月で使い切ることができるタイプなので便利です。
塗布すると紫外線の影響を受けやすいので外出の際は必ず日焼け止めを塗ることが大切。

メーカー プラスキレイ
内容量 5g
ハイドロキノンの配合率 4%
トレチノインとのセット なし
価格 透肌美活お試しセット…2,160円
透肌美活本格ケアセット…3,980円
口コミ評価

編集部コメント

効果重視ならハイドロキノン4%+ピュアビタミンC(25%)がセットになった本格ケアセットがおすすめ。ハイドロキノンクリームは海外製のものが多いなか、国産なのも嬉しいポイントです。

購入はこちら

LESINO(エルシーノ)ピンポイントクリーム

どんなハイドロキノンクリーム?

  • 1本5g(約1か月分)・業界最高レベルのハイドロキノン1%配合
  • メラニンの生成を防ぎ、シミ・そばかすを防ぐ
  • 従来のハイドロキノンに比べ酸化・劣化しにくい製法

ハイドロキノン5%配合の専用ピンポイントクリームです。
ハイドロキノンが少しずつ分離するので、肌に対する刺激が低くて効率よく肌に浸透するハイドロキノンクリーム。

メーカー ピュアナス
内容量 5g
ハイドロキノンの配合率 5%
トレチノインとのセット なし
価格 定期購入4,980円
単品購入7,980円
口コミ評価

編集部コメント

市販で購入出来る最高レベルの配合率(5%)です。
「今使っているハイドロキノンクリームじゃ物足りない!」という方におすすめ。

購入はこちら

ハイドキノンクリームと併用したい「トレチノイン」


ハイドロキノンを調べている方は「トレチノイン」という成分の名前と一緒に見かけることが多いのではないでしょうか?
トレチノインにはビタミンAの50倍から100倍のターンオーバーさせる働きがあり、肌の奥にあるメラニン色素をガシガシ押し出してくれます。

  • ハイドロキノンでメラノサイトを破壊&メラニン色素の生成をストップ!
  • トレチノインでメラニンの排出スピードをUP!

この2つを同時に作用させることでシミなどの肌トラブルへの効果が早くなります。
ハイドロキノンクリーム単体で使用するよりも、トレチノインと一緒に使うと美白効果が倍増するのでかなり人気の組み合わせになっています。

濃度や取り扱いに注意あり

トレチノインもハイドロキノンと同じく、効果が高く即効性がある刺激が強い成分です。
肌に合わない濃度を使ったり使用方法を間違えると、皮がむけてしまったり、ピリピリした刺激が出てしまうことがあります。

トレチノインクリーム・軟膏の濃度


トレチノインクリームは大体0.025%~0.4%の間で販売されていますが、肌への負担や副作用のことを考えて、はじめは低い濃度から始めるのがベターです。
いきなり0.4%の高濃度から始める人もいますが、ハイドロキノンと併用する場合は0.025%か0.05%からスタートする人が多いです。(皮膚科で推奨されている濃度は0.05%です)

おすすめ!ハイドロキノンクリーム×トレチノインのセット!


BIHAKUENのハイドロキノン4%×トレチノインセットです。
トレチノインの濃度は、
【0.025%・0.05%・0.1%】から選べます◎

▼めちゃお得なセット割引あり
ハイドロキノン4%×2本+トレチノイン×2本(計4本セット)にすると、ハイドロキノンとトレチノインが1本ずつプレゼントでついてきます。
なので、4本セットの値段で6本セットになるという超お得システム。

\1番人気はハイドロキノン4%×トレチノイン0.1%セット/

本気でシミ改善したい人に大人気の超集中ケアセット

本気でシミ改善したい人に人気の超集中セットがあります|ω・`)ウフフ

セット内容

  1. ハイドロキノン4%×1
  2. トレチノイン×1
    →濃度は0.025%・0.05%・0.1%の3種類から選べます
  3. BIHAKUENのデイクリームSPF30×1
  4. BIHAKUENのナイトクリーム×1

みなさん、『ハイドロキノンやトレチノインの上から塗る美容クリーム』ってどうされる予定ですか?
今使っている化粧品でいっか!って感じですかね?
このセットのデイ&ナイトクリームには、美白商品の使用による赤みや皮がむけるなどの症状の軽減してくれる効果があります。
そのほかにも肌の保護と美肌成分がかなり豊富に入っているので、ハイドロキノン・トレチノインの使用後に使う化粧品で悩んでいる方や、本気で肌を変えたい方におすすめです.

\お値段高いけど口コミの評価も超高い/

マスターしちゃおう!ハイドロキノンクリームの使い方


シミ対策に使われるハイドロキノンクリームは、メラニン色素を作るメラノサイトの働きを抑制し、生産を抑える働きがあります。
市販されているものは1~4%程度となっており、既に出来ているシミにアプローチ、ニキビ跡やシワの改善にも使われます。便利ですが使い方に注意点がありますのでチェックしていきましょう。

洗顔


まずはハイドロキノンクリームを使う前に通常のお手入れとして洗顔を行います。
実は洗顔直後の清潔な肌なら角質層に水分が沢山含まれているのでハイドロキノンの浸透が高まります。
必ず清潔な肌にして使いますが、効果が出過ぎることもあるので洗顔後20分程度置くか、化粧水・乳液でケアした後に使いましょう。

化粧水の塗布


洗顔の後は必ず化粧水を使いましょう。実は角質層に水分があるといっても洗顔後は急速に水分が失われます
その時多少乾燥していると効果が表れすぎることがあるので必ず化粧水を塗布することが大切です。
これは普段お使いの化粧水を使い、その後乳液(または美容液)を使いましょう。

トレチノインを使うならココで

ハイドロキノンと一緒にトレチノインを使っている方は最初にトレチノインを塗ります。
トレチノインを塗る時は目的の場所より少し小さめに薄く塗ります。手で直接塗布するより綿棒などを使ったほうが塗りやすいでしょう。
トレチノインが浸透するのはおよそ10分から15分です。浸透するのを待ちましょう。

ハイドロキノンクリーム

トレチノインが浸透したら、次にハイドロキノンクリームを塗ります。この時トレチノインを塗った範囲より少し広めに塗ります。
大抵のハイドロキノンクリームは白ですが、あまり白くならない程度の厚さに綿棒などで塗るようにしてください。1時間程度おいてから最後の仕上げをします。

美容クリーム


ハイドロキノンクリームを塗って、1時時間程度あけてから美容クリームなどの保湿剤を塗ります。
朝のお手入れの場合は日焼け止めも一緒に塗りましょう。
ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くする性質があるので、紫外線吸収剤が入っていないタイプは必ず紫外線対策を行うことが重要です。

忘れないで!ハイドロキノンクリームを使う注意点


ハイドロキノンクリームの使い方にはいくつか注意点があります。
効果が期待できる分、使い方にも気を付けないといけないことがあります。従来は医師が処方していたということからも、比較的刺激が強い成分だということです。
ハイドロキノンクリームの間違った使い方をすると肌トラブルを招きますので注意が必要です。

酸化しやすいので保管に注意

ハイドロキノンクリームはとても酸化しやすい物質です。
そのため開封した後に長時間放置してしまうと劣化が進んでしまいます。多くのハイドロキノンクリームが約1か月程度の使用量になっているのはそのためです。
酸化しないためにはキャップをしっかり締めて冷蔵庫に保管するようにしましょう。(保管方法は化粧品ごとに指定あり)
酸化したものを使用しても期待する効果は得られないので使用期限は守ることが大切。

UVケアと保湿はしっかり対策する


ハイドロキノンクリームは紫外線を浴びるとシミを濃くしてしまう性質があります。
もちろんクリーム自体に紫外線吸収剤などが同時に配合されているタイプなら心配はいりませんが、ハイドロキノンに特化している製品はこの性質があります。
そのため日光を直接浴びる状況でなくても紫外線自体は室内に入ってきます。外出しない場合でもハイドロキノンクリームを使ったら必ず紫外線対策を行うことが重要です。

濃度に注意!いきなり濃度が高いものを使わない


日本で市販されているハイドロキノンクリームの濃度は2%前後が多いと言われています。
医療機関で処方されるのは4%前後ですが、個人輸入でも5%以上の高濃度のハイドロキノンクリームが手に入ります。

濃度が濃いと即効性がありそうですが、濃度は一番注意したい点です。副作用もその分多く、肌トラブルにつながることもあります。
いきなり高濃度を使わずに、濃度2%前後の肌にやさしい低濃度のクリームから始めることが大切です。

やっぱりちょっと怖い…ハイドロキノンの副作用


ハイドロキノンクリームは正しい使い方をすれば大きな効果が期待できるクリームです。
ところが肌の漂白剤という別名があるほどの成分が入っているということはそれだけ肌に対しても刺激が強いということです。
ご自身の肌が弱い方やパッチテストをきちんとしないと副作用が出ることもあります。
ハイドロキノンクリームの使い方や注意点をきちんと理解していないと、副作用のリスクが高まります。どんな副作用があるのか見てみましょう。

赤みや炎症、ピリピリ感

ハイドロキノンクリームで赤みや炎症、ピリピリ感がでることがあります。
肌が弱い方や合わない、濃度が高い、製品自体が劣化してベンゾキノンという毒性の強い成分に変わったなどが考えられます。
ただし好転反応と捉えるケースもあり、赤みが落ちついた段階で再度塗ることを繰り返して炎症が起きなくなることもあります。

シミが濃くなる(色素沈着の悪化)

ハイドロキノンクリームを使用して炎症が繰り返して起こる場合、その刺激でメラニン色素沈着が起こる、色素沈着が悪化することがあります。
ハイドロキノン自体は紫外線を浴びるとシミを濃くする性質があるので、紫外線対策を怠ると色素沈着の大きな原因になることがあります。室内でも紫外線対策を必ず行いましょう。

白斑(白抜け)

ハイドロキノンクリームは、メラニン色素を作り出すメラノサイトを作る働きを阻止してくれます。
そのために同じ個所に長い間使い続けると、その部分のメラニン生成がまったく行われなり、白斑になることもあります。
例えばこれは短期で使った場合でも高濃度であればあるほど、白斑を引き起こすことがあります。

もっと気楽に使いたい派は『ハイドロキノン配合化粧品』

肌が弱いから心配、使うのに手間がかかるから嫌だという方の夢を実現した化粧品があります。
そもそも朝と夜の両方使うと効果が高いハイドロキノンクリームですが、しっかり紫外線予防もしないといけないのが面倒ですね。
もっと手軽に気楽に使える製品として開発されたのが下記のハイドロキノンが配合されている化粧品です。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

夜寝る前のナイトクリームとして使うだけで集中ケアができて理想の肌に近づけます。
いつものお手入れの最後に使うことで浸透テクノロジー「QuSome(R)」とハイドロキノンを融合させて、必要な場所に成分が届くようになっています。
そしてその場所に留まってじっくり働きかけてくれる素敵システム。低刺激なのもうれしい化粧品です。

\QuSomeホワイトクリーム税込6,480円/

\7日間のトライアルセット1800円/

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

皮膚の専門家が開発した美白化粧品。夜専用ケアとして、気になっている部分を夜通し集中ケアしてくれます。
使い方はとても簡単、化粧水を付ける前にポンポンと優しく叩き込むだけです。
ハードジェル状のテクスチャーが密着して、マクロカプセルに包まれた新安定型ハイドロキノンが時間差でメラニンを攻撃してくれます。

 

自分の肌や性格に合ったハイドロキノンクリームを使うべし!

おすすめのハイドロキノンクリームやハイドロキノン配合化粧品を紹介してきましたが、いかがでしたか?
シミは頑固で消えにくいイメージがありますが、ハイドロキノン配合のクリームや化粧品でケアを続ければ劇的に改善出来ます。
質が高く、正しい使い方をすればきちんと高い効果が見込めるアイテムばかりですが、大事なのはその中から「自分の肌」「自分の性格」に合ったものを選ぶことです。
効率良くシミを改善するためのトレチノインとの併用など、自分のライフスタイルや肌質と相談してBESTセレクションでスキンケアを続けて「シミなしツヤツヤ肌」を作っていただければ幸いです|q’v`∞)

更新日:

Copyright© ハイドロキノンクリームランキング*濃度別で選べるランキングはココ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.