指で丸を作る女性

ハイドロキノン

ビーグレンのホワイトクリームの口コミ調査!使った人の効果実感度は?

更新日:

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は美白クリームのなかでもとくに効果が高いことで知られるクリームです。
話題のハイドロキノンを配合しているだけではなく、浸透テクノロジーQuSome(キューソーム)が融合されているのが特徴で今とくに話題になっている美白クリームです。

ビーグレンのホワイトクリームの口コミ!アットコスメver.

ビーグレンのホワイトクリーム アットコスメ画像アットコスメでは実際に購入して使っている方の正直な感想を見ることができます。
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9については、30代から40代の女性のなかで、シミなどの問題がある方がよく使用されているようです。
ではアットコスメではビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9はどのような評判になっているのでしょうか。

ビーグレンのホワイトクリームの良い口コミ

34歳女性

クリームなんだけど、とてもなめらかでつけやすいです。
浸透がしっかりしている上に、保湿もバッチリ。夜に丁寧につけています。
においはなく、少量でしっかりと伸びますね。

39歳女性

目の下にシミがあり、試してみました。
値段の割には量が少なく高いかなと思いましたが、夜のみの使用なので意外ともちが良いです。サラサラした感じで使いやすいです。

31歳女性

顔全体に付けていますが、ベタつく事もなく、他のスキンケアの邪魔にもなりません。
シミが2つほど目の下にありますが、完全に消える事はまだないものの、薄くなってきました。

33歳女性

手のひらに取って、ささっと全体に伸ばしていきます。浸透に優れているので、少量で十分なんです。
これを使い始めてからお肌の潤い力も良くなりましたし、日中くすみにくくなったと思います。

34歳女性

お医者さんが研究して作られたクリームなので、浸透させるところから手触りが違うなと思いました。
結構軽めのクリームだけど、浸透しきった後の手触りはとてもなめらかです。

40歳女性

しみが1cmくらいのサイズだったのが小さいシミが複数ある状態、2mm~3mm位のものが4個くらいのサイズになってます。

42歳女性

毎日とにかくしっかり塗っているんですが、なじみがとっても早いのでべたつきやもたつきはありません。

39歳女性

浸透が抜群なビーグレンのクリームなので、伸びなどもとても良いです。
べたべたしないしとても使いやすいです。

37歳女性

これは本当に買って良かったと思います。しみやそばかす、色素沈着などが改善されました。

42歳女性

しみやそばかすなどに効くエイジングケアで、べたつかずに使えて気に入っています。

 

ビーグレンのホワイトクリームの悪い口コミ

もちろんどんな商品にも良し悪しはあるものです。
アットコスメでビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9に寄せられている悪い口コミもまとめてみました。

45歳女性

刺激が強すぎて肌が乾燥した

34歳女性

値段が少し高いと感じた

36歳女性

私の肌には合わなかった

40歳女性

独特の香りが好きではない

35歳女性

効果を感じなかった

 

ビーグレンのホワイトクリームのアットコスメの口コミを分析!

口コミ

Close up Two hand holding smart phone with word of mouth online network word and icons, Digital concept.

 

このようにビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9のアットコスメでの口コミを分析してみると、やはり目立ったのが使いやすさです。
肌になじむように使えるので使って気持ち良いというのはかなり多い感想でした。
肝心のシミ取り効果に関してはやはり個人差があるということですが、全体的に評価するのであれば効果を感じている方のほうが多いという印象を受けます。
美容クリームならではの点かもしれませんが、独特の香りがあるので人によって合う合わないというのはあるようです。

ビーグレンのホワイトクリームのSNSでの口コミは?

様々なSNSでもQuSomeホワイトクリーム1.9は話題になっています。

塗って寝ると翌朝肌が明るくなります

さすがハイドロキノン!

シミ消しチャレンジ!

かれこれ半年以上使用中


https://www.instagram.com/p/Blm14X7BSJe/?utm_source=ig_web_copy_link

これ使い始めて!シミが薄くなって来たよ(^ν^)


https://www.instagram.com/p/BhEjfQbhEOr/?utm_source=ig_web_copy_link

肌の露出が増える頃、自慢の肌に出会いましょう


https://www.instagram.com/p/BelaBJLBGBX/?utm_source=ig_web_copy_link

このようにシミなどで困っている方の間でQuSomeホワイトクリーム1.9はかなりの人気になっています。
実際にシミ消しの効果を感じている方も多いようで、QuSomeホワイトクリーム1.9の実力を証明していると言えるかもしれません。

ビーグレンのホワイトクリームの効果について詳しくまとめてみました

笑顔で指をさす人

ハイドロキノン配合

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9にはハイドロキノンが配合されています。
このハイドロキノンというのは皮膚科などでも使われている成分ですが、シミの原因になっているメラニン色素を抑え、そのメラニン色素の根源でもあるメラノサイトという細胞を減少させる効果が認められています。
よく美容クリームなどのなかには、同様の美白効果をねらってビタミンCやプラセンタというものが配合されているものもありますが、このハイドロキノンの美白効果はそれらの10倍から100倍以上ともいわれています。
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9にはハイドロキノンが配合されていますので、使うたびに肌が明るくなる効果があります。

浸透テクノロジー「QuSomeR」と、ハイドロキノンを融合

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9では、浸透テクノロジー「QuSomeR」と、ハイドロキノンを融合させることによって、シミのある部位にハイドロキノンが直接働きかけることができる工夫をしています。
またハイドロキノンには美白効果があるとはいえ、これまで問題視されてきたのがその刺激の強さでした。
肌が弱い方の場合、ハイドロキノンを使うことで肌への強い刺激があり、赤みやかぶれなどの症状があった場合もあります。

ココがポイント

しかし浸透テクノロジー「QuSomeR」によってすばやくハイドロキノンを肌のシミのある部位に浸透させることができますので、肌の表面へのダメージを最小限に抑えることができるようになっているというわけです。

ハイドロキノンのサポートする3つの美容成分配合

成分

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9のなかには、肌の明るさを保つといわれるβホワイト、肌の透明感を高めるTGP2、そして肌にくもりを寄せ付けないというヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸が使われており、肌の状態を改善させるさまざまな工夫がなされています。

βホワイトの働き

これら成分の働きですが、βホワイトというのは成長因子のひとつであり、メラニン合成を阻害する働きがあることが認められています。
つまりシミの原因にもなる合成を阻止することによって、老人性色素班の改善やくすみなどを消し去る効果を発揮してくれるというわけです。
このβホワイトに関しても、ハイドロキノン同様にビタミンCやアルブチンと比較してもかなり強い美白効果があります。

TGP2の働き

続いてTGP2ですが、これは協力な美白効果があるオリゴペプチドをより安全にするため、科学的に合成された成分になります。
このTGP2は非常にシンプルな構造をしているため、持続性に優れ、長期間にわたって効果を発揮することができるようになっています。
具体的な効果としてはメラニン合成の阻害と、メラニン色素の原因になるチロシナーゼの阻害になり、結果として肌の美白化を促進させていきます。

ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸の働き

3つ目の主要成分として挙げられているのがヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸になりますが、これはビタミンC誘導体といわれるものです。
ビタミンCの効果としてはメラニンの抑制やコラーゲンの作成、抗酸化作用などがあります。
しかしこのビタミンCは浸透性にかけるため、ビタミンCをそのまま肌に塗ったところで、肌の中に浸透していくわけではありません。そこで重要になってくるのがこのパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS、アプレシエ)です。
最大の特性は水溶性と油溶性の両方の特性があるということで、かなりの浸透性を誇っています。
さらに従来の誘導体の改善点でもあった、塗布後の乾燥やかさつきなども極限まで抑えることができるというメリットもあります。

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9にはこのような3つの強力成分が配合されていますので、より効果的に美白できるようになっているわけです。

妊娠中でも使うことができる

妊婦さん

ほかの美白クリームのなかには、妊娠中や授乳中は使わないように注意書きがしてあるものも珍しくありません。
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は安全性にも注意を払っているため、妊娠中や授乳中でも安心して使うことができます。
これまでの美容クリームだと、長く使っていて効果が出てきたけれど、妊娠してしまい長期間使えなくなってしまいシミがもとに戻ってしまったというようなケースもありましたが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9ではそのようなことはありません。

注意したい点

一般的に妊娠中などはホルモンバランスなどが崩れやすく、肌のコンディションも変わりやすいといわれています。
妊娠前はとくに問題なかったけれど、妊娠してからは塗ったところが赤くなってしまったというケースもあるようです。
それでもしそのような反応が出てしまった場合にはすぐに使用をやめ、お医者さんなどに相談するようにしましょう。

身体にも使うことができる

一般的なハイドロキノンを配合した美容クリームのなかには、身体には使わないように注意書きがあるものもあります。
しかしビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9では浸透テクノロジー「QuSomeR」と、ハイドロキノンを融合させることによって、肌へのダメージを最小限にすることに成功しています。
それで身体においても使用することができます。よくあるのが手などのふだん紫外線に当たる部分のケアです。
普段は余り気にしない方も多いですが、普段から紫外線を浴びているため顔同様のケアが必要だといえるでしょう。

ちなみにビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9に限ったことではありませんが、ハイドロキノンは肌への刺激が強く、敏感肌などの場合には炎症などを起こしてしまう場合があります。
一般的に手などは皮膚も厚い場合もありますが、他の部位のなかで粘膜や皮膚の薄い部分などに関しては使用は避けたほうが良いでしょう。

使い方が簡単

まずはパール1,2粒程度のクリームを手にとります。
そして顔、あご、両頬、鼻に置き、内側から外側に向かってやさしく伸ばしていきます。
最後に手で顔を包み込み、やさしく押さえて、有効成分が肌まで染み込むようにしていきます。

基本的には1日1回夜に使用するだけですので、普段忙しい方でも問題なく続けることができるようになっているといえるでしょう。
また使い方に関しても普段のフェイスケア同様に簡単に使うことができるようになっています。

注意点

ちなみに有効成分であるハイドロキノンは紫外線により変化しやすい成分だといわれており、塗布した部分はなるべく紫外線に当てないようにしなければなりません。
それで夜に塗り忘れてしまったという場合でも、朝や昼間には塗らないように注意しなければなりません。

ほかのビーグレン製品との相性が良い

ビーグレンCセラム 商品画像

ビーグレンではQuSomeホワイトクリーム1.9以外のスキンケア化粧品なども販売されていますが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は他の商品との組み合わせで、さらに効果を増やすことができます。
例えばCセラムは、ピーリング作用でターンオーバーを促すことができるので、QuSomeホワイトクリーム1.9と合わせて使うことによって、より美白効果を出すことができるようになります。
QuSomeホワイトエッセンスは紫外線トラブルからお肌を守る効果がある美容液になりますので、夜はQuSomeホワイトクリーム1.9でしっかり美白ケアをして、日中はQuSomeホワイトエッセンスで紫外線の影響を最小限にすることも可能になってくるわけです。

ココがポイント

色々なメーカーの美容液やクリームなどを使っている場合、お互いの成分などをしっかり理解していないと、成分同士が邪魔をしてしまったり、肌トラブルの原因になってしまうようなこともありますが、ビーグレン同士であればそのようなこともありませんので、安心してお肌ケアからメイクまで楽しむことができるようになるというわけです。

ちなみに人によっては皮膚科などで処方されたハイドロキノンを併用したいという方もいるかもしれません。ただそうすると、ハイドロキノンのトータル配合量が上がってしまうことに繋がり、肌トラブルの原因にもなりかねません。
それでもしハイドロキノンとQuSomeホワイトクリーム1.9を併用したいというのであれば、事前に皮膚科の医師などに相談してみるようにしましょう。

公式サイトだとかなりお得

公式サイトからQuSomeホワイトクリーム1.9を購入した場合、全国どこでも送料無料サービスが付く他、365日間の返品、返金保証がついてくる特典もあります。
また定期購入サービスもありますので、かなり安く購入することができるというのも大きなメリットになっています。

ハイドロキノンが配合されているクリームは、ある一定期間継続して使用し続ける必要がありますが、QuSomeホワイトクリーム1.9は続けやすいという特徴があります。

ビーグレンのホワイトクリームが「効果なし」と言われる理由

困っている人

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9の口コミでも見かけることがあった「効果なし」という評価ですが、この原因のひとつと考えられるのがハイドロキノンの作用です。
ハイドロキノンというのはどのシミでも取り去る効果があるというわけではなく、太田母斑など真皮性のシミについては取り去ることができません

一般的に額や頬、目や口の周りなどに現れる肝斑(かんはん)や俗にそばかすといわれる雀卵斑(じゃくらんはん)、傷跡などの炎症後色素沈着老人性色素班などに効果があります。
ただこれに対しても個人差がありますので、人によってはある一定期間続けて徐々にシミが薄くなるという効果が出てくることもあります。ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は他の美白クリームに比べると若干高価なため、人によっては持続して使うのが難しく、結局効果を感じられなかったというケースも多いようです。

ビーグレンのホワイトクリームの成分を詳しくチェック!

ハイドロキノン メラニン色素の産生を抑える
メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)の減少
βホワイト 肌の明るさを保つ
ハイビスカス花発酵液 植物の生命力が肌本来の力を引き出す
ゲンチアナ根エキス いきいきとした肌に導く
ゴヨウマツ種子油 外部ストレスから肌を保護
マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル 保湿効果

ビーグレンのホワイトクリームの副作用について

シミを鏡で確認する女性

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9の副作用としては、主な成分であるハイドロキノンの副作用を挙げることができるでしょう。

パッチテスト必須

美白効果があるハイドロキノンですが、非常に不安定な成分であるため、敏感肌などの場合には炎症や痛みを感じさせる場合があります。
それで初めてビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9を使うというのであれば、必ずパッチテストなどをするようにしましょう。それで炎症や赤みが肌に起きてしまった場合には、使用を一旦中止して皮膚科などで診てもらうことが大切です。

高濃度は白班の恐れ

これらの肌の刺激以外のハイドロキノンの副作用としては、白班がでる可能性があるということも挙げることができます。
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9の場合にはハイドロキノンは高濃度ではないので心配はありませんが、6%以上の高濃度ハイドロキノンの場合には長期利用によって白班になる可能性があるといわれています。

夜間以外に塗るのは避けて

さらにハイドロキノンを使用している間は、肌がとくに紫外線に弱い状態になってしまいます。
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は基本的に夜間に塗るように書かれているので問題ありませんが、もし朝や昼などに塗ってしまいそのまま外出した場合には、シミが余計にひどくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

ビーグレンのホワイトクリームと類似品を徹底比較!

今回はQuSomeホワイトクリーム1.9と類似している美白クリームをいくつか紹介して、その価格と主要成分などを比較してみたいと思います。

商品名 ビーグレン プラスナノHQ ビハクエン ユークロマ アンプルール
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9 プラスナノHQ ビハクエンのハイドロキノンクリーム ユークロマクリーム アンプルールのラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110
タイプ クリーム クリーム クリーム クリーム 美容液
内容量 15g 5g 20g 20g 11ml
濃度 1.9% 4% 4% 2~4% 2.5%
価格(単品) 6,480円 3,240円 2,530円 1,245円 10,800円
価格
(複数/定期)
5,832円
(定期購入)
2,138円
(定期購入)
2本購入で1本プレゼント(合計3本) 複数注文で割引 9,720円
(定期購入)
お試し あり
1,944円
なし なし なし あり
1,890円
詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

比較した分析結果!ビーグレンのホワイトクリームはどんな人におすすめ?

このように比較してみるとビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は価格バランスが非常に良い商品だということがよくわかります。
一般的にハイドロキノンだけしか配合されていない美白クリームは安いのが特徴ですが、ハイドロキノンだけしか配合されていないタイプは、肌へのダメージもかなり大きくかかってしまいます。

この点、アンプルールのラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110とビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は独自の製法によって、美白成分でもあるハイドロキノンがより効果的に、また肌に負担をかけないように浸透するようにさせています。
どうしてもそのような加工をしてしまうと値段も高くなってしまうのですが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9はアンプルールのラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110よりもコストパフォーマンスが高く、よりリーズナブルに購入することができるようになっています。

それで肌へのダメージを最小限にして美白したい、でもなるべくコストはかけたくないと言う方にビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9はオススメできるといえるでしょう。

>>ハイドロキノンクリームのランキングを見る

ビーグレンのホワイトクリームを最安値で買う方法は?

スマホをいじる女性

QuSomeホワイトクリーム1.9を最安値で買うために楽天やAmazon、Yahooショッピングなどで検索してみました。

楽天でビーグレンのホワイトクリームを検索してみた

楽天でビーグレンのホワイトクリームを検索

楽天では複数のショップが商品を取り扱っています。
最安値では6942円で、高いものでは7560円のものもあります。

Amazonでビーグレンのホワイトクリームを検索してみた

Amazonでビーグレンのホワイトクリームを検索

Amazonで扱っているショップは多くはありません。
安いものでは5880円のものもありますが、送料などもかかってしまうので、総額では6140円が最安値になっています。

Yahoo!ショップでビーグレンのホワイトクリームを検索してみた

Yahoo!ショップでビーグレンのホワイトクリームを検索

Yahoo!ショッピングではかなりのショップが扱っています。
最安値では5860円というものもありました。

公式サイトでビーグレンのホワイトクリームを検索してみた

公式サイトでビーグレンのホワイトクリームを検索

公式サイトのなかでは税込み6,480円で売られています。
ちなみに定期コースにした場合には5%割引になるので324円引きの6156円(税込)になります。

公式サイトからの購入の場合には、全国どこでも送料無料サービスが付く他、365日間の返品、返金保証がついてくるという特典もあります。
このように比較してみると、公式サイトから購入したほうが、ほかのサイトから購入するよりも多くのメリットがあるといえるでしょう。

まとめ

QuSomeホワイトクリーム1.9はただの美白クリームではなく、浸透テクノロジー「QuSomeR」と、ハイドロキノンを融合させているのが最大の特徴になっています。
ハイドロキノンが配合されているクリームだけだと安く購入することができますが、ハイドロキノンそのものを肌に塗布した場合、どうしても刺激が強くなってしまい肌が赤くなってしまったり、乾燥してしまったというケースもあります。

QuSomeホワイトクリーム1.9は浸透テクノロジー「QuSomeR」によって、シミ部分に直接ハイドロキノンが行き渡るようになっていますので、肌表面へのダメージを最小限にすることができます。
また安い美白クリームのなかには美容成分が配合されていない場合がほとんどですが、このQuSomeホワイトクリーム1.9はβホワイトやTGP2、ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸などが配合されているため、ただ美白するだけではなく、うるおいの続くしっとりとした肌になるための助けになります。

さらにハイドロキノンを配合したクリームのなかには、妊娠中や授乳中などは使えないものもあります。
QuSomeホワイトクリーム1.9は安全性にもかなり気をつけて開発されているので、妊娠中や授乳中でも使用できます。
ハイドロキノンが配合されている美白クリームを探しているのであれば、QuSomeホワイトクリーム1.9からまず試してみるというのも良い方法かもしれません。

-ハイドロキノン

Copyright© ハイドロキノンクリームランキング!口コミ評価No.1のクリームはどれ? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.